二重手術の危険

二重手術の危険

正に新聞紙ライティングにもなったイベントですが、これは典型的な従来の埋没法による不都合標本です。まぶたの裏側のねん膜(結膜)に糸を通す、従来の埋没法のオペを受けたクランケの眼球の角膜に、結膜から出ている糸によって創傷がつき、瞳に後遺症が残ってしまった状況です。従来の埋没法による二重まぶたオペでは、常にこのリスクがありますので、何より、結膜に糸を通さない真新しい埋没法による二重まぶたオペのほうが優れていると言えます。

 

残念なことですが、ビューティー外科においては、さまざまな誇大広告や現実と違った強調、評価などがあるのが現状です。その間違った強調や評価などにまどわされてしまい、オペを受けて不都合にあうのは病人くんであり、一般のヤツです。
その不都合を回避して、失敗しない規則正しいオペを受けるにはどうすればよいか?
それは何より、オペを受ける前にふさわしい英知や有難い案内を手に入れて、最善の認識をするしかありません。
間違った強調や評価などによる、二重まぶたオペに対する勘違いや過ちのイベントを下記の設問に少しまとめていますので、ご参考にされてください。

 

オペ料金が、かなり安かったこともあり、その病院でオペを受けたエリア、何倍ものオペ値段を請求されるケースがあります。これは事エンディングの従来の埋没法のオペにおいて、1事エンディングの値段しか知らされずに、オペが行われてしまったからです。2事エンディングのオペを行えば2倍の値段、3事エンディングのオペを行なえば3倍の値段となる仕掛があるわけです。オペ前の打ち合わせ時に、オペ値段の審査をするのは言うまでもありませんが、しかし、ぐっと大切なことは、糸を事でとめずに、線状で二重の通り道をプロダクトする最新の埋没法のオペを受けたほうが有難いということです。

 

二重まぶたのオペ保証があると、病院の受付からも聞かされ、その病院の強調にも保証があると書かれているにもかかわらず、埋没法による二重のオペを受けて二重の通り道がとれて再オペをする際、第一歩とおんなじオペ値段をもう一度請求されるケースがあります。再オペの前には必ずオペ経費やオペ保証の審査をするように心がけてください。

 

ナイトアイボーテTOPへ