ずっと自分の腫れぼったい一重の目が嫌だった

ずっと自分の腫れぼったい一重の目が嫌だった

小学生くらいのころから、ずっと自分の腫れぼったい一重の目が嫌で、コンプレックスに感じてきました。

 

くっきりとした大きな目の友達が羨ましくて、子供ながらに何とかならないのかと悩んでいましたが、高学年にもなると、お姉さんのいる友達とメイクの話などをするようになり、そのころから、アイプチといった二重コスメを知るようになりました。

 

中学生になった頃には、アイプチを使って二重にするようになり、さらにもっとくっきりとした二重を作るには、ばんそうこうを自分でカットして貼りつける方法を学び、常にバンドエイドのストックがきらせないような状態でした。

 

でも、心の中では、テープを取った時の本当の自分の顔とのギャップに悩み、体育の授業のプールでは、取れていないかとひやひやしなければならず、いつかは二重の手術を受けたいなと考えていました。

 

そんな時に、いつも読んでいるメイク雑誌の広告で、ナイトアイボーテを見つけ、寝ている間に二重が作れるというところにとても興味を持ち、値段がかなり高くて随分と悩みましたが、アルバイトをするようになってお金に少し余裕が出てきたこともあって、思いきって注文して見ることにしたのです。

 

ずっとアイプチをお休みしていたので、線を入れるカンを取り戻すまで時間がかかりましたが、慣れてくるととても楽で、朝起きた時に二重が形成されているのでこれほどうれしいことはありません。

 

ナイトアイボーテを使うようになって、自分の本物の二重を手に入れられたような感じがしており、素顔を人に見られるのも、嫌ではなくなってきました。

 

朝のメイクも、以前のように時間がかからず、友達にもメイクが薄いのにかわいいねと褒めてもらえるようになりました。

 

ナイトアイボーテは、美容成分がたっぷりと入っているので、目元の皮膚のくすみも取れてきて、何より腫れぼったかったまぶたが、以前よりはすっきりとしてきたようで、二重の線が定着しやすくなってきたようです。

 

ナイトアイボーテTOPへ